歌手としての名を持つ上地雄輔

人気急上昇中の遊助さん

遊助(上地雄輔)

遊助さんという歌手としての名を持つ上地雄輔さんは1979年4月18日生まれの神奈川県横須賀市出身です。
歌手、俳優、タレントのマルチメディアで活躍中です。
私自身も遊助さんの大ファンで、彼の曲を携帯電話の着信音として利用するために着うたサイト「レコチョク」を使って着うたダウンロードしています。
もちろん彼のブログも毎日チェックしています。
とりわけ人気のあるブログということで、一日のアクセス者数が爆発的な多さらしく、どうやらギネスにも記録されてしまうほどみたいです。
人気ブログだけあってファンとしてひいき目に見なくても素晴らしい内容だと思います。
ついついアクセスしてみたくなるのが理解できます。

 

俳優としてテレビドラマでも大活躍中の上地さん。
デビュー作となったのはTBS系の「L×I×V×E」です。
そこでの演技が好評で日本テレビ系の「スクラップ・ティーチャー〜教師再生〜」、TBS系の「ROOKIES」、24時間テレビの中で放映された「ユウキ」、大河ドラマ「天地人」などが彼の代表作です。
とにかく俳優としてもいい味出しています。

 

遊助という名はソロとしての名称ですが、ソロデビューするきっかけとなったのは3人組ユニット「羞恥心」です。
「羞恥心」はクイズバラエティー番組「クイズ!ヘキサゴン」から生まれたグループで、こちらも爆発的人気を誇りました。
それからソロとして活動し始めた遊助さんですが、羞恥心で担当していた心のイメージカラー黄色を大切にして、ソロとしての作曲にも生かしてきました。
遊助さんとしてのデビュー曲は「ひまわり」、その後は「いちょう」「タンポポ」とやはり黄色に関連した曲目が多いようですね。

 

大人気の遊助さんが今後どのように活動展開していくのか楽しみでなりません。


ホーム RSS購読 サイトマップ