人気急上昇中の西野カナ

ケータイ世代の代表格の西野カナ

ケータイ世代の西野カナ

西野カナさんの曲はメッセージ性が強くて私自身とても気に入っています。
恋愛系の曲が多くて女子中高生を中心に若者に人気みたいですね。
飾らない歌詞ですから、まるで自分のことのように曲に浸れるところが西野カナさんの曲の魅力だと感じます。

 

恋愛系の曲はたくさんあって、いろんなところで耳にします。
ほとんどの方はどこかで彼女の曲を耳にされていると思います。
7枚目に発売された「もっと」、8枚目に発売された「Dear…」、10枚目に発売された「会いたくて会いたくて」などは特にブレイクした曲ですね。
私も幾度となく彼女の曲を聴いて力を貰いました。

 

恋愛系の曲以外で私が好きなのは「Best Friends」です。
友情について表現されていて、まさに感動の一曲です。
私には大切に思っている親友がいるのですが、この曲と通ずる部分があって聴いていると涙が溢れてくるほどです。
西野カナさんの曲は味があって良いものばかりです。
携帯電話の着信音として取り入れてみてもいいなぁなんて最近思っています。

 

西野カナさんは1989年に三重県で生まれました。
三重県って関西弁なんですね。
バリバリの関西弁でお話される西野カナさん。
見た目とのギャップにこれまた魅せられます。
海外での生活のお好きらしく、過去に2回ほどアメリカでの生活を送っていらっしゃるみたいです。
海外時代での経験が今の西野カナさんの曲を生み出したといっても過言ではないでしょう。
レゲエや洋楽もお好きだという彼女ですが、そんな雰囲気も垣間見れる曲があったりします。
彼女が作詞する歌詞には英語が交えてあって、そのおかげで更に感動が深まるような気もします。

 

彼女の曲を評価する人はたくさんいるみたいですね。
中でも音楽チャートアナリストである、つのはず誠氏は彼女の曲が携帯電話と重なっていると話しています。
多くの女性が彼女の曲に魅せられるのは、恋愛をテーマとした曲で想いが十分に伝わってくるからこそだと思います。
ご自身の恋愛経験はもちろんのこと、友人の経験なども曲作りに取り入れられているようです。
これからどんどん素敵な曲を生み出していくであろう西野カナさんに、今後も注目したいと思います。


ホーム RSS購読 サイトマップ