YouTubeを音楽保管庫と考える

YouTubeを音楽保管庫に

パソコンと違って、スマートフォンでサイトを閲覧する場合には、その画面サイズにより不利な点もでてきます。スクロールが長くて面倒とか、横幅の長いページは見にくい。
そこで、大規模Webサービスには専用のビューアがあるケースも多くあります。SNSのタンブラーや2ch掲示板などがそうです。

 

音楽好きのわたし達が「常用」するWebサービスと言えばYoutube、ニコニコ動画といった動画共有サイトですよね。「PVSTAR+」は、それらのサイトで再生される音楽を便利に視聴できるアプリです。
まずは、バックグラウンドで再生できるので、メールを書きながら、ほかのアプリで電子書籍を読みながら聴くというのが可能。ほかにも、リピート再生の設定ができるため、イヤホンを使って自転車で移動。こんな場合にも使えるアプリ。標準のブラウザで閲覧するよりも、かなり良い感じに視聴できます。

 

このようなアプリを使うときには、マイチャンネルや登録リストで動画ファイルを整理しておくと、検索の手間なく自分のお気に入りの音楽を再生できるわけですが、中々プレイリストを整理するのは面倒。
そんな場合には、ほかのユーザーが作ったプレイリストを借りるのが良いです。特に海外のユーザーが登録しているヒットチャート“American Top 40”などの名目で集めている再生リストを聴けば、海外の主流を聴くことができます。

 

また、新しい音楽ジャンルを見つけるためには、標準言語(パソコンでYoutubeにアクセスした場合には、下部に選択リンクがある)を変えてみるとずいぶん感じが変わります。
注目動画などは、国ごとにプロモーションがかかっているので、違う国の視点で音楽を探すのはどうでしょうか?


ホーム RSS購読 サイトマップ